【口コミ】チャレンジ1年生は本当に必要?一年間受講してみての感想

チャレンジ1年生テキスト1年分

こんにちは。

娘が4月から小学2年生になりました、さとはなです。

 

チャレンジ1年生オリジナルスタイル(紙教材)を始めて丸1年が経ちました。

今回は、進研ゼミ小学講座チャレンジ1年生を一年間続けてみて分かったこと、感じたことについて。

我が家の体験談も交えながら正直にレポートしたいと思います。

 

続けていく中で、チャレンジ本当に必要かな?と思った時期もありましたが、今のところは続けていく予定でいます。

  • チャレンジ1年生をやってみたいけど・・・
  • うちの子は続けられるかしら?
  • まだ低学年のうちは必要ないかも?

などなど・・・

チャレンジ1年生をご検討中の悩めるママさん、パパさんの参考になれば嬉しいです。

なぜ我が家は「進研ゼミ小学講座」を選んだのか?

まず、数ある通信教育の中から、なぜ我が家は「進研ゼミ小学講座」を選んだのか?についてお話したいと思います。

 

個人的な進研ゼミのお気に入りポイントはこちらです。

  1. コスパ、子供ウケがよい
  2. 子供のやる気をサポートする仕組みが充実
  3. 保護者向けの冊子がためになる

1.コスパ、子供ウケがよい

テキストだけでなく、付録も充実しているので、子供ウケが良いです。

長年のノウハウが蓄積されているので、良質の教材をお手頃価格で受講できるというのがベネッセの強みですね。

2.子供のやる気をサポートする仕組みが充実

  • 赤ペンを期限内に出せたら、消しゴムなどのご褒美がもらえる
  • 赤ペン問題をだしてポイントがたまったら景品と交換できる

などなど

子供のやる気をサポートする仕組みが充実しているところが、親にとってもありがたいです。

親の声かけだけだと正直限界があり、子供をやる気にさせるのは大変です。

チャレンジのご褒美システムがあるおかげで今のところは続けることができています。

3.保護者向けの冊子がためになる

こどもちゃれんじベビーのころからずっとベネッセ一筋の我が家ですが、ベネッセの保護者向け情報はとてもためになります。

月齢や、学年にあった関わり方のアドバイスが毎月ツボで、

「そうそう、今ちょうどそれに悩んでいるところだった」

と思うこともしばしばです。

チャレンジ1年生では、つまずいた問題に対するサポートの声かけ例などもあり、とても参考になりました。

【口コミ】チャレンジ1年生を一年間受講してみての感想

チャレンジ1年生テキストの中身

次に、実際の教材内容についての感想を書きたいと思います。

チャレンジ1年生のテキストの感想

進研ゼミ小学講座のテキストは教科書準拠です。受講前に自分の小学校の教科書を登録し、それに合わせたテキストが届きます。

テキストの難易度

難易度は、標準レベルです。

教科書準拠なので、すこし物足りないと感じる方もいると思います。

我が家の場合は、低学年のうちは基礎ができていれば十分と考えているので、このくらいの難易度で良いのかなとも思いました。

テキストの進み具合

テキストの進み具合。これも、学校とほぼ同じペースです。

我が家の場合、娘の学校の授業ペースがけっこう速かったこともあり、もたもたしていると、学校の方が先にすすんでしまうこともあり、一年間を通して、予習というよりは復習になってしまうことが多かったです。

テキストが届いたらすぐに取り組む、そして少しずつでもコツコツ進めていくのがベストだと思いました。

テキストのボリューム

1回分は、国語と算数2ページずつ。15回分あります。

娘の場合は、少しずつ取り組むのが苦手でまとめてやってしまうタイプでしたが、ボリュームは丁度良かったです。

それ以上あったら挫折していたかも・・・

 

逆に毎日こつこつ取り組めるお子さんの場合は、15日で終わってしまうので、少し物足りないと感じるかもしれません。

そんな方向けに。

会員専用サイトのチャレンジウェブで、

  • 漢字・計算問題
  • 国語算数応用問題

追加受講費無料で取り組むことができます。

※プリントアウトが必要です。

娘はまだ一度も使ったことはありませんが(汗)、ボリュームについてはこのチャレンジウェブで補うことができますね。

テキストの丸つけ

チャレンジ1年生のオリジナルスタイル(紙教材)は、親が丸つけをするので、その部分はやはり手間でした。

チャレンジタッチのように機械におまかせすることはできないので、娘がせっかくテキストを解き終わっても、丸つけの方が後回しになってしまうことも多くあったのが一番の反省点です。(汗)

逆に、テキストを解いている間、そばで見ていてあげると、子供も安心して取り組めるようだったので、本当はそうするのが一番良いと思います・・・が、なかなかそうできないのが現状でした。

オリジナルスタイルは、必然的に親も一緒に取り組む時間が必要になるので、その辺りをどうとらえるかがカギですね。

ただ、保護者向けのサポートとして、「アドバイスや声かけが分かる!答えの本」がついているので、もしも親が積極的に関わることができるのであれば、チャレンジタッチよりも効果が得られるのではないかと思います。

赤ペン先生についての感想

赤ペン先生についての感想は、こちらの記事に詳しく書いています。

【口コミ】チャレンジ1年生の赤ペン先生ってどうなの?効果はある?
こんにちは、さとはなです。 娘は、進研ゼミ小学講座のチャレンジ1年生をやっています。 入学してから、親子共に余裕がなくバタバタしていましたが、何とか4月号、5月号と2回、赤ペン先生のもんだいを提出することができました。 ...

娘の場合は、毎月赤ペン先生からの答案返却を楽しみにしており、テキストをやり終えるためのモチベーションにもなっていたので、専任の先生による添削課題があるのは良かったです。

進研ゼミ小学講座 英語学習の感想

進研ゼミ英語教材パンフレット

2019年4月からは、進研ゼミ小学講座の英語学習が新しくなりました。

 

それまでの「Challenge English」は、追加受講費を払わないとお試し版しか使えませんでしたが、4月からは、何と「マンツーマントーク」以外は無料で使えるようになりました。

内容も新たに、12段階の「習熟度別トレーニング」に変わった点も良かったです。

英語って、やっている人とやっていないでかなり個人差があると思うので、学年別よりも習熟度別の方がしっくりくると思うんですよね。

さらに言うと、習熟度別の方が、自分の上達が目に見えるようになるので、モチベーションアップにもつながると思います。

 

「Challenge English」の他にも、スタートナビと連動したテキスト「チャレンジ1ねんせいえいご」が、年2回届くそうです。

今までのチャレンジ1年生の英語は、正直おまけ程度という印象が強かったのですが、これからは、国語、算数、に加えて、英語も追加受講費不要で十分に学習できるというふうに変わったと思っています。

 

我が家では、今のところあまり「Challenge English」を活用できていないのですが、せっかく無料になったので、これを機に積極的に取り組んでいきたいと思っています。

 

注意点としては、小学講座の「Challenge English」は、使用できる端末が限られています。

2019年5月現在、パソコン、チャレンジタッチ、iPadからしか使用できません。スマホには対応していないのでご注意ください。

我が家は、iPadやチャレンジタッチ端末を持っていないので、現状パソコンから利用しています。

チャレンジ1年生 付録の感想

チャレンジ1年生の主な付録はこちらです。

  • めざましコラショ
  • チャレンジスタートナビ
  • ミニひまわりかんさつセット
  • こおりのかがくじっけんセット
  • くり上がり・くり下がりけいさんマスター

チャレンジスタートナビ

チャレンジスタートナビ

スタートナビは、チャレンジ1年生の目玉付録です。

「1年生準備スタートボックス」に申し込むと、年長さんから1年生まで長く使うことができます。

 

紙教材では、書き順の指導などは親が目を光らせる必要がありますが、スタートナビの方に「もじをただしくなぞろう」というコーナーがあったので、活用するといいと思います。

ほかにも、計算の繰り返し練習など、紙教材の弱点を補うための付録として、スタートナビは、オリジナルスタイルにとって外せないアイテムですね。

 

我が家の場合、年長のうちはそれほど熱心にスタートナビに取り組んでいなかったのですが、子供も遊び間隔で取り組めると思うので、ぜひ年長からフル活用していくとよいと思います。

>>「1年生準備スタートボックス」を見てみる

くり上がり・くり下がりけいさんマスター

くり上がり・くり下がりけいさんマスター

1年生の後半からは、スタートナビよりも、けいさんマスターを使うようになりました。

けいさんマスターは、2年生になった今でも、計算カードをやるかわりによく使っています。

時間制限のある問題が出たりして、繊細な娘にとっては少し怖い部分もあるようですが、計算カードよりも、ちゃんと問題を解いている感があり、重宝しています。

その他の付録について

めざましコラショ、ミニひまわりかんさつセット、こおりのかがくじっけんセット、それ以外にも細かい付録は定期的に送られてきました。

こどもちゃれんじのころから毎月の付録を楽しみにしていた娘だったので、1年生になってからも、付録がついているのはありがたかったです。

子供が抵抗感なくチャレンジを続けるのに役立ったと思っています。

正直今はチャレンジ必要ないかなと思ったことも

そんな我が家ですが、1年間続けていく中で、チャレンジタッチに変更しようかと考えたり、チャレンジそもそも必要ない?と考えた時期もありました。

チャレンジタッチとオリジナルスタイルの比較については、こちらの記事で詳しく書いています。

チャレンジタッチとオリジナルどっちがいい?悩んだので徹底的に比較してみた!
こんにちは、さとはなです。 娘が、進研ゼミ小学講座チャレンジ1年生オリジナルスタイル(紙教材)を始めてもうすぐ1年になります。 何度か、赤ペンせんせいのもんだいを提出するのが遅れたこともあり、チャレンジタッチに変...

親の負担を軽くしたい、英語学習をタブレットでやりたいという方は、チャレンジタッチも検討してみるといいかもしれません。

チャレンジ必要ないかも?と思った理由

なぜチャレンジは必要ないと思ったか?

その一番の理由は、学校の宿題が想像以上に多かったということです。

宿題の量は担任の先生によってかなり違いがあるらしいのですが、娘の先生はかなり多い方でした。

正直宿題をこなすだけで、家庭学習は十分足りているのではないかと思ってしまいました。

あと、これは教科書対応教材のデメリットだと思うのですが、学校の宿題が十分な量出てしまうと、チャレンジをやる意味が薄くなってしまうように感じました。

それでもチャレンジを続けようと思った理由

それでもチャレンジを続けようと決めた最大の理由は、

家庭学習を習慣化させるのに今が大事な時期

だと思ったからでした。

 

そして、

将来的に塾に通わないで済むようにできたらいいな。

というのが、親の密かな希望です。

 

中学生のお子さんがいるママさんから聞いた話なのですが、塾が終わるのが夜の10時ということでした。

塾の受講料が通信教育より高いのは当然ですが、うちには4つ離れた弟もいるので、時間的にも娘を塾に通わせるのは難しいと感じてしまいました。

 

しかしながら、高学年になってから突然通信教育を始めさせようと思っても、取り組んでもらえるかどうか、難しい問題もあります。

 

そういうわけで、低学年のうちから通信教育で学習する習慣を身に付けておくというのは、将来的に見ても、とても大事だと思っています。

チャレンジ 取り組み方のコツ

どうしても教材がたまりがちだった我が家なので、大きなことは言えませんが・・・

チャレンジをやっていくうえで感じた、取り組み方のコツについてお話したいと思います。

 

ポイントは3つあります。

  1. 教材は目につく場所、すぐ手に取れる場所に置く
  2. 学校の授業よりも先に進めておく
  3. その月の教材が全て終わるまでは、次の教材は開けない

1.教材は目につく場所、すぐ手に取れる場所に置く

最初は、娘のチャレンジ教材を3歳の弟の手の届かない場所に置いていたのですが、それだと娘もですが、親の方もチャレンジの存在を忘れがちになってしまいました。

教材を、リビングの一角の、娘がすぐに手の届くところに置いたところ、親も声かけがしやすくなったし、娘も気が向いたときにテキストを手に取るようになりました。

2.学校の授業よりも先に進めておく

テキストの進度の箇所でもお話しましたが、娘の学校では授業の進み具合が速かったため、チャレンジをやるころにはすでに復習になってしまうことが多かったです。

復習は復習で効果はあるとは思いますが、やはりチャレンジを予習にあてた方が、学校でテストを受けるときなどに、効果が実感しやすいのでおすすめだと思いました。

学校のテスト問題とチャレンジの問題は、ほとんど同じことが多くあるので、満点をとりやすいです。

娘にとってもテストで満点をとった方が自信につながっているようでした。

そのため我が家では、なるべく学校の授業に追いつかれないように早めにチャレンジに取り組んでもらうようにしています。

3.その月の教材が全て終わるまでは、次の教材は開けない

王道ですが、

その月の教材が全て終わるまでは、次の教材は開けない。

というのが、「こどもちゃれんじ」のころからの我が家のルールです。

 

付録が楽しみだから、早く開けたい

でも、開けるためには、前の教材を全部終わらせないと。

というふうにして、モチベーションを高めることができていたと思います。

 

ただ、一つ難点は、もたもたしていると、予習じゃなくて復習になってしまうところですね・・・

チャレンジ1年生は、こんな人におすすめ

通信教育にも色々ありますが、進研ゼミ小学講座チャレンジ1年生がおすすめなのは、こんな人です。

  • 家庭学習の習慣を身に着けたい
  • 子供のやる気をサポートしてくれる教材がよい
  • 子供に対する効果的な声かけ方法が知りたい
  • 低学年のうちは基礎力を重視している
  • 国語、算数だけでなく、英語も勉強したい

まとめ

以上、チャレンジ1年生を1年間受講してみての感想でした。

 

チャレンジ2年生がスタートして、付録教材のサポートもあり、1年生の時よりは自主的に教材に取り組めるようになってきました。

まだまだ習慣化ができているとは言いがたいですが、子供の自主性を尊重しながらサポートしていきたいと思います。

 

振り返ると、1年生のうちは、学校に慣れるのも本当に大変でした。

なるべく子供の負担にならないような教材という点に関しては、進研ゼミ小学講座は一押し教材だと思います。

 

やってみたいけど、お子さんに合うかどうか不安な方は、無料体験教材を取り寄せてみるのもおすすめです。

\お申込みはこちらから/

公式 進研ゼミ小学講座

お読みいただきましてありがとうございました。